自分に嘘をつかない生き方~今がしんどい君へ~

あなたは、自分に嘘をついたことはありますか?
とくに自分自身への嘘を繰り返すと苦しくなってきますよね。

嘘なんてと軽く考えていたら、痛い目をみます。

今回は、僕自身の経験を踏まえて嘘をつかない生き方についてお話します。

僕が自分に嘘をついていたとき

僕が自分に嘘をついていたときの話をします。
基本的に、人に見栄を張るときと周囲の人に心配されないために嘘をついていました。

僕の場合は、勉強でした。
周囲に頑張っている努力がバレたくない、恥ずかしいものだと思っていました。

もちろん、すごいと思われたい欲求もありました。
中学の頃は、必死に家で勉強したら成績は良かったです。

友達には、普段バカをしていたのですごいねと言われても絶対に勉強しているなど言いませんでした。
単純に見栄をはることが快感でした。

高校になり、勉強が嫌で学校に休むことが増えて友達や先生に心配されました。
「もう休まないよね?」と聞かれ

心の中は、とてもしんどくて苦しかったですが笑顔で「うん」と答えていました。
また、休んでを繰り返していきました。

段々とストレスが溜まってきてイライラするようになってきました。
本当の気持ちを誰にも言えずに、疲れていきました。

あの頃の経験を踏まえて、気付いたことを話していきたいと思います。

自分の心の声を受け入れる

自分の心の声を受け入れてください。
汚いことも含めてです。

あなたが感じている感情があなたなんです。
自分の心の声を無視していると、自分を見失っていきます。

どれが本当の自分か分からなくなっていくんです。怖くないですか?

僕の場合は、勉強に疲れて学校に行きたくなくなって不登校になった時に、学校に行きたくないという気持ちを受け入れました。

周囲の人の協力があったからこそ、受け入れられたのだと思います。
そこから少しづつ絶望的に悪い状況から抜け出せていけました。

だから、素直にいてください。
心の声を受け入れるときは、苦しいです。あなたが今、しんどければしんどいほど。

けれど、状況は少しづつ良い方向に必ず回復していきます。
もし、1人で受け入れるのが難しいのなら周囲の人を頼ってください。

もし、まわりに理解者が1人もいなければ心療内科に行ってください。
今は心療内科も気軽に行ける時代になってきています。

実際、僕も行ってますからね。

とにかく、自分の心の声を受け入れていくことで、あなた自身が今後生きづらさから抜け出せていくということです。

見栄なんてはらなくていい

最後に、見栄なんてはらなくていいということです。

僕は、見栄なんてはらなくていいということに20年間くらいかかりました。あほなので。

見栄をはることで、本当のことを話せる仲間が減ります。
なぜなら、まわりだって口に出して言いませんがコイツ嘘ついてるなって気付いてますからね。

誰だって、嘘をつく人のことなんて信用できないし、一緒にいたいなんて思わないでしょう。

あなたは、自分に嘘をついて良く見せるフリをして仲間が減るのと
自分に嘘をつかずに自然体でいられて楽しく仲間に囲まれるのならどちらがいいですか?

答えは後者ですよね。見栄なんてはらなくていいんです。
もう自分に嘘をつくのはやめましょう。

ただ、残るのはポッカリ穴が空いたあなただけですよ。

仲間って大事ですからね、本当に。
人間は1人では絶対に生きてはいけないし、仲間がいるから楽しいしまた頑張ろうって思えるんです。

あなたの人生を充実させるためにも、見栄なんてはらずに自然に仲間が増えていく生き方をオススメします。

まとめ

・僕が自分に嘘をついていたとき
・自分の心の声を受け入れる
・見栄なんてはらなくていい

の3点についてお話しました。
自分に嘘をつくのは、自分のことをだまして器を傷つける悲しい行為です。

あなたがしんどい状況から抜け出せるよう参考になれば幸いです。

 

【非リア充高校男子へ】僕と一緒に最高のリア充を目指してみませんか?

「明るいフリはするけど、暗い…」
「クラスでも地味で階級低い…」
「友達少ない…」
「当然モテない…」
とお悩みの君へ。

大丈夫、あなたは絶対に変われる。
あなたが変われないのは”変わる方法を知らない”だけだ。
勝手に諦める必要なんて全くない。

もしあなたが、本気で人生を変えるべき
真のリア充への道を歩みたいなら一度相談してみて欲しい。
きっとそれがあなたの真のリア充への第一歩になるはずだ。

もし僕に無料相談をしてみたい場合は、
記事下にある「コメントで今すぐ無料相談してみる」
のコメント欄に下記のテンプレートを元にコメントを送ってほしい。

==============================

1.現在、高校生活で悩んでいること

2.あなたが相談(解決)したいこと

※もちろん自由に書いてもらっても大丈夫です。

==============================

君が踏み出す第一歩を待っています。

コメントで今すぐ無料相談してみる

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です