全身緑の女の子と初対面でLINE交換した

1週間前の話なんですが、
東京行きの飛行機に乗るため
僕は、空港に行きました。

空港で飛行機の待ち時間に、
僕がイスで座っていると、
隣に24歳くらいの可愛い女の子が座りました。
しかし、その子は上着、爪のネイル、リュック
全て緑色でした。

そして、偶然にも東京行きの飛行機に
乗ると、その子が隣だったのです。
良く見てみると、イヤホン、ネックレス
まで緑色なのです。

「なんだこれは」「ツッコミたい」
と僕はすごく興味を持ちました。

というわけで今回は、全身緑の
女の子と初対面でLINE交換したお話です。

できたてホヤホヤの僕の
エピソードをどうぞ。

全身緑色の女の子(24歳)

まず、全身緑色の女の子(24歳)のお話しです。

女の子は、清楚系で控え目そうな感じだったので、
飛行機内でツッコミ入れようと決めたものの、
到着15分前くらいがベストだと考えました。

引かれたりして、空気が悪くなるのを
避けるためです。

それまで、僕は本を読み、隣の緑信者の彼女は
音楽を聴きながら、携帯を暇そうにいじっていました。

到着15分前になりました。
彼女は、イヤホンを外していました。

 

僕「あの、ちょっといいですか?」

 

彼女「え、なんですか?」

 

僕「空港で隣に座ってる時に、
めっちゃ緑の人いるって思ってたら、
飛行機内でも隣なんですけど!」

 

彼女「え?(笑)そうだったんですね、
全然気付きませんでした(笑)」

 

僕「で単刀直入に聞きたいんですけど、
緑色に憑りつかれてるんですか?

 

彼女「え?はい?(笑)」

 

僕「いや、もう身に着けてるもの全部緑
だったんで笑飛行機で隣に座ると、
イヤホンにネックレスまで緑ですもん。
相当ヤバい奴隣に来たなと(笑)

 

彼女「違いますよ~(笑)緑が好きなだけです!
やっぱ、緑多すぎますよね…私も来るとき思いました…」

 

僕「いや、いいんです!笑
ただ、なんでこんな緑なの?と気になって」

 

彼女「今日、大ファンの人のトークイベントが
あるんです!その人が、緑色好きなんで、
揃えてきました!(笑)」

 

僕「熱量がヤバいですね、気が合いますね、
僕も今日シャツ緑なんですよ、ほら笑」

 

彼女「ホントだ!!すごい!」

 

僕「いや、服の色パクるのやめてくださいよ」

 

彼女「パクってないですよ!(笑)」

 

僕「毎月二回東京に飛行機で行って
るんだけど、一個自慢してもいい?」

 

彼女「え、2回も!なんですか?(笑)」

 

僕「俺の隣の席、いつもおばあちゃんなのよ。
優しそうな熟々のおばあちゃん。」

 

彼女「あ、はい笑 熟々なんですね!笑」

 

僕「そう、もうほっんとに熟々。
熟れに熟れまくってんの。
で、飛行機の無料ドリンクサービス
あるでしょ?俺が席、通路側だから、
CA(キャビンアテンダント)さんに
紙コップ回収して渡すの。」

 

彼女「え!偉いですね!!」

 

僕「いや、そうじゃなくて、窓側に座ってたら、
大変じゃん?それで、そこから絶対に
おばあちゃんに着陸までの間、
話しかけられるのよ。笑」

 

彼女「え、なにそれ笑」

 

僕「富士山が見えてくると、どんなに俺が音楽聞いたり、
スマホいじったり、本読んでたとしても、
肩たたいてきて」

 

僕(ふざけた顔で声のトーンを高くして)
「あれは富士山なのかねぇ~
って言ってくるのよ。」

 

彼女は爆笑。

 

僕「熟々のおばあちゃんにモテるっていう自慢」

 

てな感じで、そこから同じ県民なので、
地元はどこか?
持っている服全て緑色なのか?
仕事着も緑色なのか?

 

など、イジリながらツッコミを繰り返し
盛り上がってました。



そして、東京に到着します。

 

彼女「私、初対面の人にこんな
ツッコまれたの初めてなんですけど(笑)」

 

僕「いや、俺もだよ。今日緑色着てきて
良かったよ。じゃないと、
絶対ツッコんでないよ!」

 

彼女「ですね(笑)個性出しまくって東京で
浮いてきます!」

 

僕「まあ、何かの縁だし、
ラインでも交換しようか」

 

彼女「え、ラインですか?いいですよ(笑)」

 

てな感じで、到着して飛行機内の待ち時間
合わせて約20分で、超仲良くなって、あっさり
連絡先を交換しました。

 

飛行機着陸後の話

ここから、飛行機到着後の話です。

 

僕「今日どの駅向かって行くの?」

 

彼女「とりあえず、品川ですね」

 

と、向かう方向が同じだったので
駅までの移動中、切符の買い方、どこに乗るか、
行き先を知れるアプリなどを教えました。

 

そして、電車でバイバイして別れました。

 

その後、すぐにお礼のlineが彼女からきて、
おもろかったなとニヤリと1人で笑いました。

 

まとめ

以上にわたって、全身緑の
女の子と初対面でLINE交換した話を
してきました。

 

その後、彼女は日帰りで
僕は東京で一泊して帰ったので、次の日に、
「東京で道迷ってホームレスしてない?
大丈夫?」と送っておきました。

 

今回、別に僕は彼女に対して
ツッコミ」を入れただけです。

 

それだけなのに、一気に、
初対面で仲良くなれて
連絡先を交換できました。

 

ツッコミはそれほど、強力な
パワーを秘めています。

 

相手が気付いていなくて、
あなたから見てツッコミ要素
沢山の人には、是非、
ツッコみ入れましょう。
仲良くなるチャンスですよ☆

 

いきなり、慣れていない人が
過激にツッコミを入れると、
相手がドン引きするので気を付けてね☆

 

僕は、普通にナンパして
初対面の女性と仲良くなります。

 

何が言いたいのかというと、
出会いは、自分で生み出すことが
できるということです。

 

全ては、あなた次第なのです☆

 

 

 

最後まで、読んでくれて、
スペシャルThanks!

 

☆余談☆
この記事の下の欄に、
無料相談フォームを作りました。

 

高校生活や、私生活で
何か悩みがあれば、じゃんじゃん
送ってきてくださいね!

 

☆おしまい☆

 

【非リア充高校男子へ】僕と一緒に最高のリア充を目指してみませんか?

「明るいフリはするけど、暗い…」
「クラスでも地味で階級低い…」
「友達少ない…」
「当然モテない…」
とお悩みの君へ。

大丈夫、あなたは絶対に変われる。
あなたが変われないのは”変わる方法を知らない”だけだ。
勝手に諦める必要なんて全くない。

もしあなたが、本気で人生を変えるべき
真のリア充への道を歩みたいなら一度相談してみて欲しい。
きっとそれがあなたの真のリア充への第一歩になるはずだ。

もし僕に無料相談をしてみたい場合は、
記事下にある「コメントで今すぐ無料相談してみる」
のコメント欄に下記のテンプレートを元にコメントを送ってほしい。

==============================

1.現在、高校生活で悩んでいること

2.あなたが相談(解決)したいこと

※もちろん自由に書いてもらっても大丈夫です。

==============================

君が踏み出す第一歩を待っています。

1 個のコメント

  • コメントで今すぐ無料相談してみる

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です