ロールプレイで見るイケてるJKの生き様と男子高校生が付き合うには?

この混迷の時代、多くの男子高校生が彼女なんて生物、俺にできるのか?と不安を覚えることでしょう。

上がらないお小遣い、下がらないJKへの興味、増える野郎ばかりの男友達、

*JK=女子高校生

地獄の男子高校生として生きていくには、未来ある若者にはあまりにも辛い時代です。

そんな中、一部の男子高校生は、あわよくば

とびきりイケてるJKを捕まえて青春してぇなぁ、

そんな事を考えているのではないでしょうか。

イケてるJKという事は、つまり、

周りにチヤホヤされてモテているリア充女子高生

である確率が高いということになります。

今未来ある男子高校生がイケてるJKたちをゲットするために彼女たちが
どのような思考形態を持っているか、今日は

合コンロールプレイ

で見ていきたいと思います。

 合コンロールプレイング

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【登場人物】

・Mさん(ギャルメイクのイケてるJK)

・Tさん(黒髪清楚系のイケてるJK)

・Uさん(雑草)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は合コン仲間のMさん、Tさん、Uさんが久しぶりに合コンをすることにしました。

合コンのお店の前に三人が一同に介した所からロールプレイが始まります。

Mさん「ごめんねぇ~今日は野球で(※注1)」

注1:今日は野球で

このようなJKたちは、合コン相手の事を決して名前では呼ばず、部活名または学校名で呼びます。

Tさん「ううん、全然いいよー。今日は誘ってくれてありがとうー」

Uさん「今日はMちゃんのお友達なんですか?すごいですねっ!」

Mさん「うん、隣のクラスの友達なのー。でもごめんねチェーン店で(※注2)」

注2:ごめんねチェーン店で

このようなJKたちは、基本的にチェーン店の飲食店等には行かず、今流行りの食べ物・珍しいお店を好みます。合コンの相手方の相手方がチェーン店の飲食店等を予約した場合、その時点で良い経験の多い彼女たちは、この合コンがハズレであると推測し、主催の女性は礼儀として前もって謝罪の言葉を述べています。

Uさん「いや、全然すきっすよ!チェーン店;それより楽しみですね!」

Tさん「うんー楽しみだねー」

~三人がお店に入ると先に男性たちが席で待っていました~

野球A&野球B&野球C「どうもーよろしくお願いします~」

Mさん&Tさん「…………

Uさん(あ、あれ!?;;急に二人とも黙っちゃったぞ!?;;)※注3

注3:急に黙る

この様なJKたちは、自分の気に入らない事があると急に黙ります。何が気に入らないのか、瞬時に推測し、その改善に行動を起こさなければ、ずっと黙り続けることでしょう。

この場合、男性陣のルックスが気に入らなかった事が推測されます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

野球A「いやー、もう時間みたいだね~。えっと、次カラオケとか行く?」

Mさん「いや、明日バイト早いから帰ります」※注4

Uさん(あっ!;帰るんだ!;;)

注4明日バイト早いから帰ります

この様なJKたちは、明日の事なんてぶっちゃけどうでもいいです。決して、次のお店に行くのがいやなわけじゃない、そこを明記しておきましょう。

野球A「え、ああじゃあ。LINE交換とかする?」

Mさん「まあ、それは後でいいんじゃないですか?」※注5

注5後でいいんじゃないですか?

この様なJKたちは、興味のない相手の連絡先を断ることがとても上手です。そのため、この場合、後でいいといいつつ逃れようと結論を出したようです。

Tさん「えぇ、本当に今日はありがとうございました~」

野球A「はぁ…」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Mさん「ふー、ごめんね、じゃあカフェでも行こっか」

Tさん「そうだね!女子会しよう!」

Uさん(あっ!;やっぱり二次会はするんだ!)

Mさん「でも、あんまりな合コンだったね」

Tさん「そうだねー。悪い人じゃなかったけどね」

Uさん「Tちゃんはどんな人が好みなんですか?」

Tさん「そうねー私、イケメンで優しくて金持ちの人かな」

Uさん「無理言うなよ!!!;」

☆ちゃんちゃん☆

事実の分析と対処法

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

少し長くなってしまいましたが、以上となります。

彼女たちは、鼻持ちならないプライドの高い女性と感じたでしょうか。

ですが、考えてもみてください。

彼女たちは学校という競争社会で、イケてるJKと呼ばれるには、ごまんといる生徒の中から抜きんでるモノを持っていないといけません。それは、メイク,ファッション,人脈,顔,容姿,雰囲気,性格 様々です。

彼女たちは、人より並々ならぬ努力をしているのです。良い女になるためにです。
もちろん、元から美人という人もいるでしょう。しかし、最低限の努力があっての今なんです。

その結果得たポジションなんです。
最初から多くの仲間や自信、チヤホヤされていたわけではありません。

そのため、高スペックの彼女たちは自分のパートナー候補には同等以上の物を求めがちです。
優秀な男を探しているんです。

そんな彼女たちに、よく「俺なんかとは、世界が違う。あっち側の人だな」と嘆きの声が聞こえます。

それは悲しい事であり、高校生男子がイケてるJKを求めていないのではないか
といつも考えさせられるのです。どうか、若者たちには高スペックの女性に出会ったときは、
萎縮せず、

すぐに他とは一味違う男になってやるさ

と、そのぐらいの気概を持ってほしいものです。

そこには
・ただ優しくするとか
・女の子と関われるだけで嬉しいとか

じゃなくて、周りと同じことはしないよっていう姿勢が大事になってくるのではないでしょうか。

☆おしまい☆

 

【非リア充高校男子へ】僕と一緒に最高のリア充を目指してみませんか?

「明るいフリはするけど、暗い…」
「クラスでも地味で階級低い…」
「友達少ない…」
「当然モテない…」
とお悩みの君へ。

大丈夫、あなたは絶対に変われる。
あなたが変われないのは”変わる方法を知らない”だけだ。
勝手に諦める必要なんて全くない。

もしあなたが、本気で人生を変えるべき
真のリア充への道を歩みたいなら一度相談してみて欲しい。
きっとそれがあなたの真のリア充への第一歩になるはずだ。

もし僕に無料相談をしてみたい場合は、
記事下にある「コメントで今すぐ無料相談してみる」
のコメント欄に下記のテンプレートを元にコメントを送ってほしい。

==============================

1.現在、高校生活で悩んでいること

2.あなたが相談(解決)したいこと

※もちろん自由に書いてもらっても大丈夫です。

==============================

君が踏み出す第一歩を待っています。

コメントで今すぐ無料相談してみる

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です