人間関係がうまくいかないキミへ~親、家族大事にできてるかい?~

あなたは、人付き合いや人間関係が苦手ですか?
人疲れしたり、自分の思った通りにいかない・・
なんて誰しもあることです。

人間関係がうまくいかない本当の原因って
突き止めると、自分にあります。

そうです、自分自身にあるんです。
で、そんな人に聞きたいんですけど

家族や親のことを大事にできてますか?ってことです。
もし今の質問に、心が痛むなら最後まで読み進めることをおススメします。

僕は、昔親のことを大事にはできていませんでした。
しかし、大事にすることを決めてから、現実が変わっていき、あることに気付きました。

今回は、人間関係がうまくいかないキミへ家族や親のことに対する視点で大事なことをお話します。

家族は”人間関係の原点”である

じゃあ、なんで人間関係がうまくいかないのを
家族を大事できてる?と関連するのか。
それは、家族は”人間関係の原点”であるということです。

家族とか親とか、人には色んな事情があるので
親がいて当たり前だとは、僕も思っていません。

幸い、僕には父親も母親も健康で暮らしているので感謝するべき相手が存在してます。
すごく幸せなことだと思っています。

で本題に戻るんですけど、家族ってね。
人間関係の原点なんですよ。

僕らは、生まれたときから、1人では生きていけない。
言語が話せない赤ちゃんのときから、家族に育ててきてもらったわけです。

家族にいっぱい愛情をもらって今こうして僕らは生きてるわけです。

そこから、保育園→幼稚園→義務教育を受けてだんだんと自立して社会に出ていくわけですが。

最初のはじまりは、家族ですよね?
人間関係の話です。

そう、家族から始まっているんです。

つまり、ここさえ家族との関係さえちゃんと取り組んでいれば
基本の土台としてできてさえいれば

大袈裟かもしれないけど、人間関係で困ること悩むことなんてないんですよ。

「嘘だよ」って思う人いるかもね。
けどね、ごめんね。

まぎれもない事実ですよ。

コミュニケーションも人との距離間も全部最初に家族との関わりで
本能的に学ぶわけです。自然と感覚で。

当たり前のことですよね?
家族っていうスタート地点から失敗も何もかも積み重ねていくわけです。

新しい人と出会っていくわけです。
僕たち人間は。

次の話にもつながってきます。
家族は人間関係の原点だということを頭に入れてください。

 

親を大事にできるやつが、仲間を大事にできる

次に、親を大事にできてるやつが、仲間を大事にできるということです。

さっき話しましたけど、人間関係の原点は家族。
もっというと、親です。

つまり、親大事にできてないやつが、仲間なんて大事にできないですよってことです。
うまくいくわけないです。

自分のことを世話してくれた人に感謝もできないのに
どうやってうまくいくんだよって話です。無理ですよ。

人間関係うまくいかない、悩んでいる人は、
親との関係性を見直した方がいいです。

大事にできていますか?

極めて、論理的な話だと思います。

「ええ~親ぁ?どうでもいいっしょお~」
なんてほざいてるやつ、僕は魅力的には見えません。

お友達になりたいと思えません。残念ながら。

よりも親を大事にできている人を見ると
ああ魅力的だなあ。カッコいいなあとついつい尊敬のまなざしで見てしまうわけです。

コレ親を大事にできてる人を見ると、誰でも思ってしまうことだと思います。

実をいうと、この言葉。
お恥ずかしながら、最近になってようやく腑に落ちた言葉なわけであって。

前は正直意味が、よくわかっていませんでした。

しかし、最近ようやくわかるようになり気付いたからこそ
伝えたいと思うわけです。

皆さんに知ってほしいなあと思うわけです。
なぜなら、現実が大きく変わるパワーを秘めているから。

もちろん、良い方向に。

昔の僕にアドバイスするなら、
「人間関係うまくいきたいなら、親大事にしろ」って言いますよ。

今の僕なら。それくらい大事で避けては通れない道なんです。

向き合わないといつか大きく立ちはだかってくる壁になると僕は考えています。

 

 

結局のところ、親は偉大っすよ。

最後です。結局のところ、親は偉大っすよって話です。

自分がどんなに大物になろうが、まわりに尊敬され崇められようが。
例え、実績からして親よりもスゴイ現実を手に入れようが。

そんなことは全く関係ないよって話です。
結局、親は偉大なんです。相も変わらず。

僕は、19歳のころまで親なんてどうでもいいよって思ってました。
幸せな現実は当たり前だろと思っていました。

家族、親ってね。
身近な存在だからこそ、ありがたみってわからなくなるときがあるんですよ。

けど、1番に心配や助けてくれるのもまた親なわけですよ。

僕は、個人的に女性を見てすごいなあと思っていました。

なぜなら、まだ20歳にもなってないのに、親の誕生日や父の日・母の日に
プレゼントを平気で送っているわけです。

素直だなあと。
自分には絶対にできないと当時思っていました。

しかし、2017年は、失敗をきっかけに感謝に気付いた年でした。
なので、本当にささやかですが、ゾゾタウンのセールのときに(お金がないので)
スヌードを親にプレゼントしました。

確実に過去の僕ならできなかったことです。
正直、自分で成長を感じました。

自惚れとかではなく、良い意味で自分を褒めました。
まあ、それくらい昔の自分は酷かったってことです。

恥ずかしながら。

ちなみにスヌードとは、マフラーより楽に着けられるあったかいモノです。
自分が使って楽だったので、買いました。笑

それをね、渡したわけですよ。
重要なのはね、値段じゃないないですよ。”気持ち”ですよ。

なんか、安いモノあげてる僕が言うと、説得力ないな・・笑

安かったかもしれないけど、喜んでくれて、渡せて良かったなと心がほっこりしました。

僕の話じゃないですけど、ココから始めていけばいいんですよ。
親に何もできてないって思う人は。大事にできてないって思う人も。

ささいなことでいいんですよ。

まずは、自分で行動にうつしてみることが大事。
そしたら、今まで見えなかった景色がきっと見えますよ。

人間味が増したあなたは、もっと素敵なあなたに進化しているはずです。

とどのつまりは、親は偉大っすよ。
感謝できる人間になってください。

味方にしてください、自分の応援者にしてください。
互いにとってWIN-WINなはずです。

まとめ

  • 家族は”人間関係の原点”である
  • 親を大事にできるやつが、仲間を大事にできる
  • 結局のところ、親は偉大っすよ。

以上の3点についてお話してきました。

今回は、シンプルですが大きく変わるパワーを秘めた強烈なことを話しました。

良い機会なので、あなたも自分の家族や親のことを
”当たり前”だと思い込んでいる奇跡を見直してみてください。

決して無駄な行為じゃあ、ありませんよ。

きっとこの先、あなたに恩恵をもたらしてくれるはずです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

 

【非リア充高校男子へ】僕と一緒に最高のリア充を目指してみませんか?

「明るいフリはするけど、暗い…」
「クラスでも地味で階級低い…」
「友達少ない…」
「当然モテない…」
とお悩みの君へ。

大丈夫、あなたは絶対に変われる。
あなたが変われないのは”変わる方法を知らない”だけだ。
勝手に諦める必要なんて全くない。

もしあなたが、本気で人生を変えるべき
真のリア充への道を歩みたいなら一度相談してみて欲しい。
きっとそれがあなたの真のリア充への第一歩になるはずだ。

もし僕に無料相談をしてみたい場合は、
記事下にある「コメントで今すぐ無料相談してみる」
のコメント欄に下記のテンプレートを元にコメントを送ってほしい。

==============================

1.現在、高校生活で悩んでいること

2.あなたが相談(解決)したいこと

※もちろん自由に書いてもらっても大丈夫です。

==============================

君が踏み出す第一歩を待っています。

コメントで今すぐ無料相談してみる

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です