〇オンで3か月間ナンパ100人した話

全く知らない人に、普通に話しかけることってみんなできる?

僕は、昔はできなかったけど、今はできる。別にやりたくないから、しないけど笑

 

じゃあ、なんでできるようになったの?と聞かれると、それは、昔(童貞のとき)ナンパしまくったから。

 

今回の記事では、僕が19歳(童貞)の時に○オンで3か月間ナンパ100人した話をしようと思う。

ナンパした結果と得たこと

さっそく、ナンパの結果と得たことについて話そうと思う。

〇オンで3か月間で100人ナンパした。

結果は、

・連絡先を聞けた人数が2

・会ったその場で、いきなりデートした意味わかんない子が1

 

え?こんだけ?ってなるかもしれないけど、得たこともある。

 

得たことは

・女性に対する恐怖心の克服

・女性が思わず吹いてしまう発想力

・コミュニケーションが得意に

・自分に対する自信

・知らない人に普通に話しかけるスキル

 

けど、大事なのはそこじゃない。

ナンパって経験をしたからこそ、大学に入ってまあ、普通にデビューできた。

普通の大学生よりは、それなりに女性と良い思いもできた。

 

何より、今の僕が出来上がった。この感じで大丈夫だなっていう僕なりのスタイル、考え方、接し方ができた。そのことに、僕は何よりの価値を感じている。ナンパって、発想はアホやけど、やってホントに良かったと思っている。

 

てな感じで、実際にナンパした話をするね。

実際にナンパした具体的な話

さっそく、ナンパの具体的な話をしよう。

 

まず、はじめてナンパした時の話から。
※幼なじみの17歳の彼と2人で行動している

 

とりあえず、〇オン(某ショッピングモール)に行った。

ああ、今からナンパするんだと思ったら、足がプルプルと震えていた。

 

人だかりが多いアパレル、靴屋さんあたりでウロウロ。

 

靴屋さんに入った。

人は多いけど、皆靴選びに必死なので、周りの目はあまり気にならない。

 

チャンス!話しかけやすそうな可愛い系の女の人がいた。


彼と二人で靴を
2足持って近づいた。覚悟を決めて、いざ参る。

 

僕「お姉さん、靴選び迷ってるんだけど(2足持って)どっちがいい?」

 

女の人「え?私?うーん、私ならこっちかなあ」

 

僕「マジすか!男2人なんで参考になった!ありがとーーー」

 

女の人「いいえ、じゃあねえ~」

 

終了。これだけ。けど、僕は「よっしゃあああ!」ってなった。

全く知らない女性に話しかけて、レスポンスもらえて会話ができた。

 

僕はそれだけで、感動した。
そして、話した女の人が、バチバチの子連れ人妻でじぇじぇじぇって息を詰まらせる。

 

へたすると、ナンパにすらなっていない。

しかし「ああ意外と僕は、女性と話せるんだ」と気付いた。

コレが何よりも大きかったと思う。

 

そこから、火がついたように各お店を回っては、何かきっかけを作り出すアイテムを見つけては、素人に話しかけた。何か目的を持って、話しにいくもんだから、無視とか一切なく10人以上は話しかけた。

 

初ナンパで、無視されないという経験は、ホントについていたと思う。

そして、最後に若者が集うビレッジバンガードという雑貨屋でJKにナンパした。

 財布を持って話しかけ、どちらがいいか選ぶ手法から、普通に日常会話まで持って行って約10分会話した。

 

もうなんか、今日は進歩やと満足したので帰ることにした。知らない人に話しかけるって、めちゃくちゃしんどい。ドッと疲れた。もうこれ以上は、話したくないと思った。集中力が切れた感覚に似ている。

 

初ナンパから帰っている最中に、モノボケするのはいいけど、その場で考えるのはけっこう疲れるという話になった。

なので、今度行くまでにどうやってナンパをするかシナリオを作っておくととても楽になるという話に。

 

帰ると、しばらくナンパはいいやと思うくらい疲れるんだけど、次の日になるとまたやりたいという思いに駆られていたバカが僕である。

 

さっそく、幼なじみの彼の家に行き

・どこでナンパをするか?
→ビレッジバンガードという雑貨屋(豊富な雑貨と若い子が多く来るため)

・何を使って会話のきっかけを掴むか?
→財布を選んでもらう(けっこうやりやすかったから)

・どうやって連絡先を聞くのか?
→カフェまで誘導しコーヒー奢って連絡先交換(確実に連絡先交換を決めるため)

 

3点を完全に考えて、2人で基本ナンパで役割分担までやった。

これが、そのときのシナリオの写真だ。
※クリックすると拡大できる

(今考えると、ホントにあほ笑)

 

そして、また5日後に控えたナンパのために毎日集まって、役者のたまごみたいに、2人でセリフを真剣に読んで頭に叩き込んだ。

 

そして、2回目のイオンナンパに。

前回みたいに、もうどこに行くかウロチョロなんてしない。

 

ビレッジバンガードでやるって決めている!レディゴー(`・ω・´)

というわけで、ビレバンの中へ。

最初あまり人がいなくて緊張しながら待機。

10分くらいして、若い2人組が入ってきた。財布コーナーに近づいたのを見逃さずに

 

僕が「なあなあ!ちょっと友達に選ぶ財布聞きたいんやけど!笑」

と話しかけ

 

2人組は「ぷぷっ」と笑ってくれて、入りは成功。

 

その後、シナリオ通りに会話は進んだが、カフェ誘導の反応をしてくれず、笑顔でバイバイ。
けど、普通に
10分くらい会話が1発目で、できた。

 

いける…!コレは、と確かな手ごたえを感じていた。

 

この時、僕の中で、完全に女性にナンパすることへの恐怖はなくなっていた。

なので、シナリオ通りにはやるんだけど

実際どんな感じの

・声のトーン
・間の空け方
・雰囲気(上からいくか?優しい爽やかでいくか?)

 

どれがウケが良いのか試してみることにした。

それで、ちょっと怖い感じを出してみて

 

「なあ、ちょっといい?」と話しかけてみると相手はビビッてガン無視された。

そりゃそうか、となりその時の子、ほんまにごめん。

 

けど、僕は、ナンパで人生初無視された。

けっこう、精神に来た(笑)

 

次に、優しい感じで話しかけると「あ、大丈夫です」と軽くかわされた。

 

2連続無視で完全にガン萎えした。

「ああ、もうやる気が出ん」と死んだ表情に変わった。

 

見かねた、彼が「一旦、休憩しよ」とカフェに連れて行ってくれた。

甘あ~いパンケーキを食べて、糖分を摂取した僕は完全復活。

 

「うおおお、ナンパすっぞお!!」となった。←単純

 

またビレバンに戻りナンパ再開。

大体、2人組の67組話したところで精神が削がれ始めて

もうええわって気分になってやる気がなくなる。

 

2回目のその日は、連絡先までは、聞けなった。

しかし、前回よりも会話時間が圧倒的に増えていた。

 

てな感じで毎週土曜か日曜の週1回ペースでイオンに通った。

 

1か月半ナンパをやっていると、転機が訪れる。

その日は、ちょっと違うナンパもしてみようとゆうことに。

 

ソファーで座って暇そうにしている子にナンパしていった。

「そんなにソファ座ってたら、店員さんに目つけられちゃうよ」

ってな具合に(笑)

 

割とウケは良くて、普通に話せた。

そして、1人で座っている可愛い子を発見。

 僕がソロで話しかけることに。

僕「めっちゃ1人で楽しそうに何してるん?」

女の子「えー、楽しくないよー(笑)」

僕「いや、遠くで見かけてなんでこんな楽しそうなの?って見えた(笑)」

女の子「友達と待ち合わせしてるんだけど、めっちゃ暇なの」

僕「じゃあ、適当にブラつく?」

女の子「え、いいの?行く!(笑)」

 と初の連れ出しに成功。マージでテンション上がった。

アパレルの服屋に行って、お互いの服を選び合ったり、雑貨屋行ったりした。

 

1.5時間くらいブラブラしたときに、友達から連絡が。

女の子「ぼちぼちつくみたい。」

僕「まじか。良かったやん(笑)行ってきな。」

女の子「うん。めっちゃ楽しかった、また遊ぼうね。」

と言われた。

 僕「うん、楽しんできな(ニコッ)」

 

童貞+まだナンパで連絡先を聞く経験ゼロだった僕は、連絡先を聞けなかった。

大失態をおかすの巻。で物語は完結。

 また、ナンパしてりゃ次も会うだろという甘い考えで別れた。

今なら、絶対連絡先聞いてるしなんなら、もう次に会う約束までしてる。

 

こりゃあ、完全にミス。

 

そして、時は過ぎ、ついに、その時が!

 

いつものようにビレバンにいると、飛び切り可愛いJKが。

化粧してて、バチバチ可愛い。こりゃ行くかと、緊張しながらレディゴー

 シナリオ通りに話して約6070人目。

初めてシナリオで作った予想通りに反応してくれたwww

正直、心の中で笑いが止まらなった。やっべえぞ、と。

 

そのまま、カフェの流れに。

カフェまで話しながら歩いているとき、天国に行くような快感だった。

 

ナンパをはじめて2か月目だった。

 

カフェでアンポンタンな会話をして、

「また、楽しい話しようぜ、最後連絡先交換しとくか。」

 で簡単に連絡先をゲット☆

 

この時を待ちわびていたんだ・・!

そこから、僕は1週間くらい連絡が続いたが、会うきっかけが遠すぎて作れず終わり。

幼なじみの彼は、すぐに連絡先が途絶えオワコン。

 

ということで僕と彼の大学進学を理由にナンパ生活3か月で終了。

なんで、こんなナンパ頑張れたの?

で、なんでこんなあほみたいにナンパできたっていうと

それなりの理由があったから。(イオンは車で往復3時間)

 結論から言うと、「モテまくりたい」というシンプルな理由。

 

きっかけは

・めちゃ可愛いJKに恋し、男として全く見られず失恋

・童貞仲間の幼なじみが、学際でみんなの前で告白して彼女を作る

 

2本でえすう~。お楽しみにね。(サザエさん次回予告風タラちゃん)

 

って感じ。当時はめちゃ辛かったけど、コレがあって悔しかったからナンパした。

そして、今の僕に繋がった。全部今はありがとうって思っている。

 

てなわけで、終了!