高校の部活がしんどい原因と部活を後悔せずにやめる4つのステップ

あなたは今、高校の
部活をしんどいと思っていますか?

1度しんどいと思うと、
部活に行くのが辛いですよね。

そんなあなたに今回は、
高校の部活がしんどい原因と
部活を後悔せずにやめる4つのステップ
についてお話します。

 

部活を辞めてはいけないというルールはない

結論から言います。
あなたが高校の部活がしんどい原因は、
部活をやめてはいけないと思っているからです。

辞めたいけど、部活が同じ人や顧問の先生に
「逃げたな」と言われるかもしれない…。

なんて思ってませんか?

でもね、部活は強制じゃない。

仮に、最悪の事が起こったとして、
「周りに逃げた」と言われても、
部活を辞めてはいけないルールなんて
どこにもないんですよ。

つまり、冷静に考えると
逃げたと言う周りの方が、
間違ってるんです。

だって、決めるのは本人の自由だからね。

というわけで、
部活を辞めてはいけないという
ルールはないをテーマに
話していきます。

 

部活を辞めてはいけないと思ってるから、しんどい

さっきも言いましたが、
部活を辞めてはいけないと思っているから
しんどいんです。

部活を続けるのは絶対!
なんてルールないですよね?

(周りに逃げたと言われたくない…)
(もう少し頑張って耐えてみよう…)

なんて、しんどい時に思っても
体にストレスがかかるだけです。

部活を続ける上で最も大事なことは、
あなたが健康でいることじゃないでしょうか?

健康を害してまで、
部活を続ける必要はないです。

僕が伝えたいのは、
部活があなたの人生の全て
じゃないということです。

切羽詰まると、今の場所が
全部なんだ、って思からです。

 

部活を辞めてもいいことを受け入れると、周りの常識に流されない

次に、
部活を辞めてもいいことを受け入れると、
周りの常識に流されなくなります。

部活は別に辞めてもいい、
この選択肢をまず知ってください。

悩んでいるときって、
自分の考えがダメに思えます。
そして、決断できず、どうすればいいか
分からなくなります。

でもそこに、部活を辞めてもいい
という選択肢があると、
心に余裕が生まれます。

すると、周りが部活を続けている
という常識が全てじゃないんだと、
少し冷静になって気付けるんです。

そして、周りの当たり前に
無理して合わせなくていいと
考えられるようになります。

自分の心を大事にした方が良いことに
健康思考に戻れます。

別に、部活を続けるのが偉いわけ
でもなければ、常識でもないからね。

部活の意義とは
自分自身が充実感や達成感を

味わえることだと僕は考えています。

それが、苦しいだけで
達成感や充実感が一切感じないなら、
無理して続ける必要はないと思います。

心を壊してしまうと、本当に
元も子もないことだから。

好きだったモノが嫌いになる
ことほど悲しいことはないです。

 

自分を追い詰め過ぎないことが、部活へのしんどさをなくすポイント

つまり、自分を追い詰め過ぎないことが、
部活のしんどさをなくすポイントです。

あまり自分を追い詰め過ぎないことです。
あなたの心が部活に行きたくないって
言ってるのに、無理やり行かなくていい。

行きたくないのに無理やり行って、
心が良い状態に!
なんてまずないですからね。

しんどい時に心にムチを打って
奮い立たせることは、
足の骨が折れてるのに全力疾走するのと同じです。

 

部活を後悔せずに辞める4つのステップ

では、部活を辞める時って、
実際どうすればいいんでしょうか?

辞めるのもちゃんとした順序があります。

もうどうしても無理だと感じたら、
引きずらないでスムーズに辞める方が、
あなたのためです。

ということで、部活を後悔せずに
辞める4つのステップについて

具体的に説明します。

 

①「今、部活を続けると心が壊れるから辞める」と親に真っ直ぐ伝える。

ステップ1
「今、部活を続けると心が壊れるから
辞める」と親に真っ直ぐ伝えましょう。

ポイントは「辞めたい」ではなく
「辞める」ということ。

ちゃんと、考えて自分で決めたん
だなという覚悟が伝わります。

親にまず、理解してもらう
ことが1番最初に優先する
ことだと思います。

親に理解してもらうことは、
あなたの心を安全にするために
外せないことですからね。

真っ直ぐに、真剣な態度で
言えば、あなたの気持ちを
受け取ってくれます。

 

②顧問の先生に「辞めることを決めました」と強い意志で言う。

親に辞めることを伝えました。

次にステップ2
顧問の先生に「辞めることを決めました」
と強い意志で言いましょう。

決めました、と強く言うことで、
顧問はあなたを辞めさせないために
説得がするのがもう
難しいと印象付けられます。

そして、何よりあなたの意志も固くなります。
どんな説得で止められようが、
うまい口車にのせられようとも
「No」とハッキリ断れるようになります。

辞めるときに、ブレないことは大事です。

辞めることを決めた。
と強い意志で顧問へ言いに行きましょう。

 

③1週間ひたすら抜け殻になる

部活を無事辞められました。

そこでステップ3
1週間ひたすら抜け殻になってください。

とにかく抜け殻になりましょう。
部活の思い出や今までの気持ち、
これからどうするかなど。

とにかくボーっと考えまくってOKです。
1週間の期間は、抜け殻になって、
感傷に浸りまくってください。

むしろ、そうすることで、
吹っ切れて後悔せずに、
前に進めるようになります。

心を整理する時間を作ることは、
めちゃくちゃ大事ですかね。

自分の心に素直になれます。
だって、やってた部活を
辞めてさあ、辞めたぞー!
なんてすぐ元気になんてなれないはず。

辞めた直後の1週間を
抜け殻になることで、
後悔せずに前に踏み出せる
大事な期間になります。

 

④部活でやってたことを趣味として遊びでやってみる

さて、部活を辞め1週間抜け殻になりました。

最後のステップ4
部活でやってたことを趣味として
遊びでやってみましょう。

あなたは、部活でやってたことは、
最初は好きだったんじゃないでしょうか?

好きではなかった人も
興味はあったと思うんです。

運動部、文化部など関係なくです。

ガチじゃなくていいので、
趣味、遊びで軽くやってみてください。

きっと、素直に楽しめるはずですよ。
そこには、部活という重圧なんてないから。

部活以前の、本来の楽しさを
体全身で感じてみてください。

せっかく、続けてきたことなんで、
暇つぶしの趣味で
遊び感覚で楽しめばいい。

趣味として消化できると
もう完全に吹っ切れてますから。

後悔なんてせずに、
ちゃんと前を見て進めてます。

無理に、嫌悪感を抱かず
趣味として楽しめることは
とても素敵であなたの個性になります。

まとめ

ここまで話してきましたが、

まず、部活がしんどいのに
良く頑張った自分を褒めてあげてください。

立ち止まって、落ち着く時間を
作りましょう。なぜなら、
あなたは毎日を一生懸命生きてるから。

 

 

そして最後に、1番大事なのは、
あなた自身がどうしたいかです。

最後は、あなたが決めましょう。

でも、部活はそこまで無理しなくていいし、
周りに何言われようが、あなたがどうしたいかで
これからを決めましょう。

あなたが後悔なく毎日を過ごせるように
なれたら幸いです。

 

☆おしまい☆

 

 

【非リア充高校男子へ】僕と一緒に最高のリア充を目指してみませんか?

「明るいフリはするけど、暗い…」
「クラスでも地味で階級低い…」
「友達少ない…」
「当然モテない…」
とお悩みの君へ。

大丈夫、あなたは絶対に変われる。
あなたが変われないのは”変わる方法を知らない”だけだ。
勝手に諦める必要なんて全くない。

もしあなたが、本気で人生を変えるべき
真のリア充への道を歩みたいなら一度相談してみて欲しい。
きっとそれがあなたの真のリア充への第一歩になるはずだ。

もし僕に無料相談をしてみたい場合は、
記事下にある「コメントで今すぐ無料相談してみる」
のコメント欄に下記のテンプレートを元にコメントを送ってほしい。

==============================

1.現在、高校生活で悩んでいること

2.あなたが相談(解決)したいこと

※もちろん自由に書いてもらっても大丈夫です。

==============================

君が踏み出す第一歩を待っています。

コメントで今すぐ無料相談してみる

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です