このやり方で乗り越えた!緊張をほぐす方法4選



緊張してうまくいかない・・皆さんにはそんな経験ありませんか?

人前で話したり、スポーツでパフォーマンスをする時などに、必ず付きまとってくる緊張。

今回は、元超ド級に緊張しやすい僕が、実際にやって乗り越えた方法を4つご紹介します。

どの行動に緊張しているかを知る

最初に大事なことは、どの行動に緊張しているかを知ることです。

まず何に緊張しているのかを知ることで、緊張の正体を丸裸にできます。

緊張は、正体が分からないことに恐怖があります。

自分が何に緊張しているのか知り、正体が分かると安心できます。

そして、自分の緊張の特徴である原因が発見できるはずです。

例えば、苦手な人がいる多数の前で話すと、緊張するとします。

しかし、苦手な人がいない多数の前で話すと、緊張しません。

つまり、苦手な人がいることで、緊張する原因を作り出していることが分かります。知ることによって、できるだけ苦手な人と関わりを減らすなど対策をとれるようになります。

緊張している自分を受け入れる

緊張している自分を受け入れる、ということです。

素直になっていいんです。想像してみてください。緊張していて、緊張していないと思い込んで行動する。もしくは、緊張していることを受け入れて行動するのはどちらがいいでしょうか。答えは後者です。

誰でも緊張するのは、当たり前ですから受け入れましょう。

挑戦しようとしている自分をほめる

挑戦しようとしている自分をほめてください。

緊張するということは、何か挑戦しようとしているということですよね?

普段やって慣れていることなら、緊張はしないはず。経験したことが少なかったり、トラウマがあったりして緊張はおこります。

言い換えると、自分の身に危険が起こるのではないかと脳が命令してます。体を守ろうとしているのです。

普段しないことを挑戦しようとしてる自分を褒めてあげてください。「さすが」だと言い聞かせてあげましょう。

あなたが変わる、成長するチャンスですよ。緊張する瞬間は。

緊張している時間を楽しむ

最後に破壊力のある言葉が、緊張している時間を楽しむということです。

これは、僕が不登校の時に頭が上がらない程お世話になった恩師の言葉です。

なんでも緊張してしまう自分が嫌だと相談をしたことに対して、先生は

「緊張はとてもいいことなんだよ。30歳や40歳くらいの年齢になると、緊張して胸がドキドキするということがなくなるんだ。だから今、君が感じている緊張は、この先、年を重ねると全く感じられなくなるんだよ。」

「今この瞬間しか緊張は味わえないんだから。楽しんでみるといいよ、全力で。それから緊張するということは、感受性が豊かな証拠だからその気持ちを大切にしてあげるんだぞ。

と言われました。この言葉を聞いてからは、あえて緊張することをどんどん挑戦していけるようになりました。

もちろん、自分がやりたいと思ったことをですが。

緊張することに対しての捉え方が変わった瞬間でした。もし過去の僕のように緊張して前に進めないのなら、ぜひこの言葉を知ってほしいと思いました。

まとめ

どの行動に緊張しているかを知る

緊張している自分を受け入れる

挑戦しようとしている自分をほめる

緊張している時間を楽しむ

以上の4つにわたって僕の場合は、緊張を乗り越えてきました。

少しでも皆さんのお役に立てられれば幸いです。

 

【非リア充高校男子へ】僕と一緒に最高のリア充を目指してみませんか?

「明るいフリはするけど、暗い…」
「クラスでも地味で階級低い…」
「友達少ない…」
「当然モテない…」
とお悩みの君へ。

大丈夫、あなたは絶対に変われる。
あなたが変われないのは”変わる方法を知らない”だけだ。
勝手に諦める必要なんて全くない。

もしあなたが、本気で人生を変えるべき
真のリア充への道を歩みたいなら一度相談してみて欲しい。
きっとそれがあなたの真のリア充への第一歩になるはずだ。

もし僕に無料相談をしてみたい場合は、
記事下にある「コメントで今すぐ無料相談してみる」
のコメント欄に下記のテンプレートを元にコメントを送ってほしい。

==============================

1.現在、高校生活で悩んでいること

2.あなたが相談(解決)したいこと

※もちろん自由に書いてもらっても大丈夫です。

==============================

君が踏み出す第一歩を待っています。

コメントで今すぐ無料相談してみる

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です