人を見下すのをやめるためには?~失敗から学んだこと~

あなたは、人を見下したことはありますか?
無意識のうちに人のことを見下してしまうことは、誰でも経験があると思います。

自信があったり、意識過剰な人や人と比べてしまう人ほど人を見下してしまいます。

僕は昔、人を見下してイタイ失敗をしました。その失敗から学んだことについてお話したいと思います。

僕が人を見下していたときの話

さっそく、僕が人を見下していたときの話をします。

僕は、昔不登校で病んでいたのですが周りの人にめぐまれて元気を取り戻します。

他にも3か月でダイエット24kg痩せたり、人前で緊張して話せなかった状態からバンドでボーカルをするようになりました。

童貞だった状態からナンパなどの経験を経て余裕をもって恋愛できるようになりました。

結果的に自信を持ちます。自信はエスカレートしていって、勘違い野郎、うぬぼれていきます。
気付いたら、まわりを見下していました。俺は昔と比べてこんなに変わった、俺はスゴイんだと思っていました。

男性が女性と関わる際にもじもじしていたり、恥ずかしそうにしているのを見てヘタレだなと思うようになりました。下心をもって接している男性をみて、気持ち悪いと思っていました。

ふざけたり子供っぽくはしゃいでいる人をみると子供だなと見下していました。

いつの間にか自分が大人にでもなったと勘違いしていました。見下している対象が全部過去の僕なのに。

きっかけは、人間関係をこじらせる経験をしました。

大学のサークルで、過去が僕と似ている境遇にいる友達に出会い、仲良くなりました。
当時僕は、居酒屋のバイトを月20日以上働くいわゆる社畜でした。

その間、怒られたり失敗するといつも友達が相談に乗ったり励ましてくれていました。

一年ほど続けて仕事ができて褒められはじめると、リアルの生活もうまくいきはじめます。

そんなときに、友達はバイトをしていなくて遊んでいるだけという理由で見下し始めます。そうです、僕は恩をあだで返してしまいます。

結局、お前は自分のことしか考えてないといわれました。

そのときに目が覚めました。僕は自信があったのではなく、「傲慢」と「慢心」を自信と勘違いしていたと。

傲慢とは、高ぶって人をあなどり見下す態度のことです。
慢心とは、心の中で自分のことを自慢すること。おごり高ぶる心のことです。

不登校になって元気を取り戻したあの時に目指したい自分とはかけ離れていました。

嫌いになりました。自分のことが。自信なんて全部なくなりました。けど、あの時はそれでよかったと思っています。

しばらく時間がたって、僕なりに試行錯誤して変わっていったことについて今から話していきたいと思います。

自分がどうなりたいのか考える

まず、自分がどうなりたいのか考えてください。

あなたは、自分の大切な仲間やまわりにいる人を見下して生きていきたいですか?ということです。

違いますよね。あなたは、あなた自身が幸せになって仕事や恋愛、友達、家族などの人間関係で充実した日々を過ごしたいはずです。

できることなら人間みんなそうなりたいと思っています。
だったら、あなたはあなただけの理想・なりたい自分があるのなら目指していけばいいだけなんです。

人を見下す必要なんてありませんよね?僕はまず最初にそう考えました。

自分が弱いことを受け入れる

自分が弱いことを受け入れてください。
受け入れた瞬間はめちゃくちゃ苦しかったです。

けど、受け入れた瞬間、重い荷物をおろした感覚になりました。

人間きれいごとだけでは生きていけません。ていうか、人間はみんな弱いです。
人の痛みや相手のことを共感してあげるから、思いやりをもった優しさができるから強く見えるんです。

弱さを受け入れられ人は強いです。なぜなら、弱い人の気持ちがわかって守ってあげられますからね。

僕は、僕自身が変わっていくことで、強くなった・大人になったと思っていました。
とっても、視野がせまい視点で。井の中の蛙ということです。

僕が昔助けてもらったアーティストの高橋優の曲の一部にこんな歌詞があります。
「誰以上でも誰以下でもない」
「選ばれし才能もお金も地位も名誉も持っていたっていなくたっておんなじ空の下」

その通りだなと思いました。今、僕はこの言葉をとても大切にしています。

苦手・嫌いな人の良いところを探す

苦手・嫌いな人の良いところを探してください。
別に嫌いな人はいてもいいんです。

生きていると、苦手な人や嫌いな人には必ず出会います。そして、人を見下す対象にもなりやすいです。無意識的に。

苦手・嫌いになったきっかけや原因は必ずあります。しかし、別に苦手なままでもいいと思います。
けれど、嫌い!だけで終わらせずに良いところをみつけてください。

あなたにはないスキルや能力を持っていますよ、必ず。人間はひとりひとり絶対に良いところを持っています。
例えば、周りの人への気遣いがいち早くできたり、他の人が気付けない視点をもっているなど。

見つけたら、認めてください。スゴイなと。その点は尊敬してください。そうしていると、苦手な人や嫌いな人でも「どうやってやっているんだろう?」と観察する癖がついてきて、気が付くと別に苦手じゃなくなったりなんかしています。

素直さと謙虚さ

最後に素直さと謙虚さを絶対に忘れないでください。

素直さがあれば、変にとがったりゆがんだ心を持ちません。
嬉しいと思ったら喜ぶ、悲しいと思ったら泣く、すごいと思ったらすごい!でいいんです。素直にいてください。
人間らしくていいですよ。

謙虚さがあれば、どんなに自分が良い結果や昇格するようなことがあっても、調子にのらず頑張ろうと思えるんです。
つまり、バランスがとれます。極端な方向にブレにくかったり、自分を見失わずにすみます。

また人に好かれますよ。

まとめ

・僕が人を見下していたときの話
・自分がどうなりたいのか考える
・自分が弱いことを受け入れる
・苦手・嫌いな人の良いところを探す
・素直さと謙虚さ

5点についてお話しました。
あなたのお役に立てられれば幸いです。

【非リア充高校男子へ】僕と一緒に最高のリア充を目指してみませんか?

「明るいフリはするけど、暗い…」
「クラスでも地味で階級低い…」
「友達少ない…」
「当然モテない…」
とお悩みの君へ。

大丈夫、あなたは絶対に変われる。
あなたが変われないのは”変わる方法を知らない”だけだ。
勝手に諦める必要なんて全くない。

もしあなたが、本気で人生を変えるべき
真のリア充への道を歩みたいなら一度相談してみて欲しい。
きっとそれがあなたの真のリア充への第一歩になるはずだ。

もし僕に無料相談をしてみたい場合は、
記事下にある「コメントで今すぐ無料相談してみる」
のコメント欄に下記のテンプレートを元にコメントを送ってほしい。

==============================

1.現在、高校生活で悩んでいること

2.あなたが相談(解決)したいこと

※もちろん自由に書いてもらっても大丈夫です。

==============================

君が踏み出す第一歩を待っています。

コメントで今すぐ無料相談してみる

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です