配慮不足人間はアカン!~飲み屋の兄ちゃんみて学ぶ~

みなさんは配慮が足りない人って、どう思いますか?

空気読めないな…うーん…ってなりますよね。

しかし、自分はどうでしょうか?
ちゃんと配慮できているのか・・

意外とわからないですよね。難しいし。

今回は、先日に飲み屋の兄ちゃんを見て、気付かされた”配慮”についてシェアします。

先日の飲み屋でのアルバイトの兄ちゃん(知り合い)のエピソード

先日飲み屋でのアルバイトの兄ちゃんのエピソードについてです。
飲み屋の兄ちゃんの働く態度に、配慮が足りないのじゃないか?というお話です。

僕はその日、いつものように学校から帰っていると他サークルの友達に会いました。

「今から飲み会あるけん来て!行こう!」と誘われました。

本当は帰ってブログを書こうと思っていたんですが、よく考えると僕は1か月くらいお酒を飲んでいませんでした。

今どき大学生からしたら一か月も禁酒はレアだなと思ったので「イグッ!」と返事しました。

仲良い子たちばかりだから絶対楽しいと思ったからです。

で居酒屋に13人くらいで行ったんですけど、アルバイトしている兄ちゃんK君がいました。

K君は1つ下の子で、知り合いでした。
僕が入っている、軽音サークルに一瞬だけ入って辞めた子でした。

K君の特徴は、背が高くてイケメン。そしてオシャレ。
今どきのモテる男の子で、自信があります。

基本的にはいいやつなんですが、カッコつけるクセがあります。(気持ちわかります)
なので、初対面では同性に勘違いされて嫌われてしまうタイプです。(うーん、もったいない)

問題はココからです。

大学1~4年合わせて13人で行ったんですけど、K君と知りあいなのは、僕を含め3人。

ドリンクや料理を注文して持ってくるK君の態度に問題がありました。

最初は、K君のこと知っている女友達に
K君は「ほらよ」と言って持ってきていました。

そこまではセーフでした。カッコつけてるな笑 くらいです。

他の知り合いじゃない人たちに
K君「たこわさ頼んだやつ誰や?」

と言いながら持ってきたんです。

僕はそれを見て「ああ、勘違いしてるなコイツ」と思いました。

その後もK君の適当な接客は続きます。
周りがお酒を飲んで、にぎやかになってきました。

K君「ザクロのソーダ割りでーす」
とドリンクを持ってきました。

誰も返事がありません。すると

K君「ザクロ!頼んだやつ誰や?」(大声)

周りはシーンとなりました。

そして4年の男の子がニコッとして「ああ、俺のや。どうも。」
と言ってもらいました。

僕は、そのときの周りが「はっ?なんやこいつ?」となっている空気に気付きました。
さすがのK君も気付いたのでしょう。

K君「あ、どうぞ・・」と渡していました。

K君が去っていくなり、4年生が「あいつなんや?」
「なめとんかあのガキ?」と口をそろえて言っていました。

盛り上がっていた空気感がさっきの出来事で悪くなりました。

僕はその一部始終を見て「ああ、ないな。」
と思いました。

お金をもらう態度じゃない。
働く側の態度じゃあない、と。

それからも、K君の偉そうな接客は続きました。

この嫌な雰囲気を感じる原因は、K君の”配慮のなさ”です。

人への最低限の配慮のなさから、このような事態になったのだと感じました。

けどね、同時に僕もK君の気持ちもわかるんです。

だって僕も昔そうだったから。

僕も昔は働いているときカッコつけてたし
相手=お客さん のことなんて全く考えてなかった。

とっとと帰れよ、うるせーなくらい思ってたと思います。

今は当時の自分がキッズだったなあと思っています。

そしてK君だって日常が忙しくて疲れていたのかもしれない。
疲れてるときに愛想良くってしんどいですもんね。

だとしても、絶対にダメなんですけどね。

せめて働いているときは、お客さんの前ではダメ。

で、それって周りの従業員もわかってますからね。
「ああコイツ、ダメだ」って。



さておき、今回のエピソードから改めて僕自身確認したことがありました。

学ぶきっかけをくれたK君はありがとう。
だって僕らも他人事じゃないですからね。

それでは、話していきます。

人への配慮は忘れちゃダメ~親しき仲にも礼儀あり~

まず、人への配慮は忘れちゃダメということです。
親しき仲にも礼儀ありということです。

人間ってね。普段が出るんですよ。

自分がどんな時間を過ごしていてどんな関わり方をしているのか。

だから、普段から日常から人への配慮は気を付けておいた方がいい。

と僕は思っています。
予防することに越したことはありませんからね。

配慮って大変そう・・と思ってしまうかもしれませんがそんなに難しいことじゃありません。

友達とご飯を食べに行って、水やはしをソッと配る。

十分な配慮だと思います。

ここでいう配慮は”思いやり”だと僕は考えています。

つまり、自分のことばっか考えるんじゃなくて相手のことも考えてあげよう。

ってことです。

だから配慮はそんなに難しいことじゃないんですよ。

だけど、配慮ができていないと
・空気が読めない
・居心地が悪い
・なんか合わない

なんて思われちゃったりするんです。

で配慮=思いやりなんですけど
コレすなわち、礼儀だと僕は考えています。

この礼儀は、いくら仲が良くてもあるべきことだと思っています。

必要なんです。

なので、親しき仲にも礼儀ありという言葉を僕は大切にしています。

尊敬する師がいつも口を酸っぱくして言っている言葉です。
僕自身この言葉が、染みつきました。

どんなに、仲が良くても礼儀がある。

だから人間関係が続くんです。ずっと。

この人と仲良くいたいって思えるんです。

 

日常に常に学びの姿勢を忘れない

次に、日常に常に学びの姿勢を忘れないということです。

今回は、K君を見て考えたことですが。

しかし、今回の出来事も

「ああ、K君腹立つなー」

で終わってたら何も生まれなかったですよね?

「なんでK君の態度がダメだったんだろう?」
と考えたからこそ、気付きがあったんです。

そして学びに変えることができたんです。

今回のこと以外にもいくらでも学びは見つけられます。

じゃあどこで見つけるのか?

”日常”です。

日常を軽視しないでください。
とっても重要なんです。

自分と向き合うことは、日常と向き合うことです。そこからはじめてください。

常に学びの姿勢を持っているから変われるんです。

気付けるんです。

失敗や過ちに。
そして正せるんです。

人間は失敗します。
間違えるときだって、調子に乗ってしまうときだってあります。

でも、日常に学びの姿勢を忘れないでおくと修正できます。

全部他人事ではないということです。

自分以外の人に起こったことも、何か学べることはないか?
考えてください。

何か間違っていることをしていたら、自分は同じようなことをやっていないか?

何か見習いたいことをやっていたら、どうすればできるようになるのか?

ヒントは日常につまってるんです。

だから常に学びの姿勢を忘れないでださい。

 

配慮とお金は似ている

最後に配慮とお金は似ているということです。

もっというと、繋がっているのではないか?ということです。

では、なんで似ていて繋がっているのか?

配慮・思いやり

お金

は、”与える”という意味で共通しています。

配慮・思いやりは与えてはじめて価値があります。

お金はタダじゃもらえません。何か与えて役に立ってはじめて得られます。

ザックリとステップで説明すると

①思いやり、配慮ができる。

②相手、お客さんが何を望んでいるか考えて理解する。

③望んでいる要望を与える。

④あなたに対してお客さんが満足して、お金を与えられる。

⑤またあなたと関わりたい、機会があれば利用したいと思う。

この5つのステップを今回のK君が働いている居酒屋で考えると

①空いたお皿やグラスをサッと下げるなどの最低限の配慮。

②お客さんによって求めているモノは異なるが、考える。

③ドリンクのスムーズな提供、美味しい料理の提供などからくる
”居心地の良い空間”の提供。笑えて楽しくて過ごしやすい感じ。

④あなたつまり、お店全体に満足してお金を与える。

④また、来たいと思われる。
といった流れです。

まあ、そんなに難しく考えなくていいです。

今回の場合だと、居心地の良い空間というポイントさえ理解していれば

やるべきことは、わかってくると思います。

配慮は与えないと意味がないし、お金も何かを与えないと得られない。

配慮がお金に繋がっている・似ているなんて考えたことなかったと思います。

要は、配慮はそれくらい大事だよ、基本だよってことです。

まとめ

  • 先日の飲み屋でのアルバイトの兄ちゃん(知り合い)のエピソード
  • 人への配慮は忘れちゃダメ~親しき仲にも礼儀あり~
  • 日常に常に学びの姿勢を忘れない
  • 配慮とお金は似ている

の4点についてお話しました。

ぜひ、自分の経験と照らし合わせながら向き合っていただけたらと思います。

本当にね、K君だけじゃないんですよ。絶対に。
いっぱいいますよ。

他人事だと思わないことが大事です。僕もあなたも。

それでは、最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

 

 

【非リア充高校男子へ】僕と一緒に最高のリア充を目指してみませんか?

「明るいフリはするけど、暗い…」
「クラスでも地味で階級低い…」
「友達少ない…」
「当然モテない…」
とお悩みの君へ。

大丈夫、あなたは絶対に変われる。
あなたが変われないのは”変わる方法を知らない”だけだ。
勝手に諦める必要なんて全くない。

もしあなたが、本気で人生を変えるべき
真のリア充への道を歩みたいなら一度相談してみて欲しい。
きっとそれがあなたの真のリア充への第一歩になるはずだ。

もし僕に無料相談をしてみたい場合は、
記事下にある「コメントで今すぐ無料相談してみる」
のコメント欄に下記のテンプレートを元にコメントを送ってほしい。

==============================

1.現在、高校生活で悩んでいること

2.あなたが相談(解決)したいこと

※もちろん自由に書いてもらっても大丈夫です。

==============================

君が踏み出す第一歩を待っています。

コメントで今すぐ無料相談してみる

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です